音楽劇・UBU-BOMI!-いのちのひびき- Musical play ’UBU-BOMI! –Sound of Life-‘


お化けの国の話なら、何が起きても不思議はない

お化けの国、アフジメリカを舞台に、幸せ探しの旅を続ける
ペンネンネンネンネン・ネネムのものがたりubu

butai1butai22原作/宮沢賢治 演出/関矢幸雄・藤田傳
音楽/テンバ・タナ 美術/中地 智 照明/佐久間 巨照
演出補/中川隆弘 制作/田辺慶一

UBU8アフジャマリカは化け物の国です。
お化けだらけの国なんですから何が起きても不思議はありません。
ペンネンネンネンネン・ネネムは
そのアフジメリカの外れの森の奥深く
両親と妹の4人で楽しく暮らしていました。

ところがネネムが8才の春
お化けの国のおキレさまと呼ばれる
太陽の様子が変になりました。

真冬のような寒い日の繰り返しで
夏が来る頃にはとうとう飢饉がやってきました。
やがて、食料もほとんどなくなり
つらい飢えの日が何日も続きます。

そんなある日
お父さんのパパパは、森へ入ったまま行方不明に。
お母さんのマママもパパパのあとを追って
それっきり戻りません。

冷たい夏を、兄妹だけでのりきるのはたいへんなことです。
飢えがしだいに二人をとらえはじめた頃
言葉たくみに近づいてきた男が
食物をえさに
妹のマミミをさらっていってしまいしまいます。

ついに
ひとりぼっちになったネネムの
家族と自分探しの長い孤独な旅が始まります。
UBU5

著名な詩人・作家でもある宮沢賢治の「ペンネンネンネンネン。ネネムの伝記」が原作です。冒頭や公判の原稿が紛失し、およを80年も前の童話を、演出家・関矢幸雄とアフリカ民族音楽家・テンバ・タナが音楽劇として現代に蘇らせました。
音楽はアフリカに広く伝わる民族楽器を駆使して、すべて俳優たちが演奏します。アフリカン・ドラム、マリンバ(ソプラノ、テナー、バリトン、バス)カウベル、ホーショシェイカー、フィンガー、ピアノなどの楽器が奏でるエネルギッシュなアフリカン・サウンドが、宮沢賢治独自の無国境(ボーダーレス)な世界観とみごとに一体化します。さらに「素劇」という位俳優の身体表現を基本においた関矢幸雄の演出が加わり、斬新な劇空間を作り出します。

「UBU-MOMI!」はアフリカ大陸の南域に、現在も点々と暮らす先住民たちの、とても大切な意味を表す言葉(擬声語)なのです。また、この劇に出てくるすべての音楽は、あの、アパルトヘイトのあった南アフリカ出身の音楽家・テンバ・タナ氏の作曲と指導によるものです。何故このようなことを書く?と問われたら、この劇の主人公(ネネム)とテンバの今日までの人生が、あまりにもよく似ているから、と言っておきましょう。ちなみにこの劇の原作は、あの宮沢賢治作「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」というまことに不思議なお話です。
ところでテンバに「日本では心臓音を”ドキドキ”とするなどと言うがアフリカではどうだろう?」と聞いてみたことがあります。するとテンバはあの笑顔で「UBU・BOMI・UBU・BOMI」と擬声語で鼓動を何時間も、汗だくになって、生き生きと唱え続けたのです。それはもうアフリカの音楽・アフリカの舞踊になっていました。
関矢幸雄


Musical Play ”UBU-BOMI! -Sound of Life-”

A story of Pen-nen-nen-nen Nenemu who makes a journey of looking for happiness in a country of Obakes, a sort of phantom creatures.

Story                          Kenji Miyazawa

Script       Den Fujita         Yukio Sekiya

Director                          Yukio Sekiya

Music (South African traditional)     Themba Tana

Art and Costume Design          Satoshi Nakachi

Lighting Design                 Kyosho Sakuma

Producer                          Kay Tanabe

Afsimerica is a country of phantom people. Anything can happen in such a place. Nenemu used to live in a deep forest of Afsimerica with his parents and sister. It was a very happy life.

However, when Nenemu was 8 years old in the spring, something weird happened to the sun called Okiresama. All through the spring they had very cold days like winter so the summer brought the severe famine. Unanimous family had hard time to find food.

One day, his father went into the woods and didn’t come back. His mother followed him and disappeared too. When the children were almost starved, a man came with some food and kidnapped his sister. Nenemu ran after him, but fell from hunger and lost consciousness.

Nenemu’s long journey looking for family and happiness was begun.

 Audience age group: 9+
Duration: 95 minutes

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Document

ページ上部へ戻る